domingo, 15 de agosto de 2010


シャレウのじびきあみは奴隷時代後に生まれた。黒人は労働市場でチャンスがないため海に自分たち食糧、生計をさがした。その黒人の一部はマングローブ湿原の奥地へ移住した。サント・アマロ(バイア)で始めてその労働していた黒人の情報がある。シャレウ(魚の種類です、大平洋に生息していて移動が多い。大きくて、肉が黒い。高温な時期、10月から4月の間、一年ごとに産卵するため北東の海辺にやってくる。基本的にバイアの海辺で産卵します。)
   シャレウのプシャダ・ジ・へジは奴隷時代のいろんな遺産の中で大事な伝説です。バイアですごく魅力のある民間伝承のショーです。しかし70年代からこの伝統が退廃している。現在ときどきおこなっているけれども昔の魅力と伝統が不足しています。この踊りは足のリズムにきびしい仕事、音楽、詩情、信心深さが混ざっている演出です。
   現在アフリカのいろんなきれいな儀式を見せる目的と記念に文化まつりよくあって、その中でプシャダ・ジ・へジは当然で必ずあるショーです。カポエイラのバチザードでカポエイリスタたちはシャレウのじびきあみを上演することが多いです。その物語は、ある満月の夜、じびきあみに出た男がいた。奥さんは別れの時に夜での魚釣りの危険を知らせいかないようにたのんだけれども無駄だった。奥さんと子供が大心配のまま彼は仕事仲間と神様に恵まれ海へ行きました。奥さんはいやな予感していて彼が帰ってくるまで海辺で待っていた。ボートがいつもどうりより早く帰ってきたことに驚いた。ボートに乗っていた男たちが悲しげな顔をしいて何人か泣いていたが御主人の顔が見つからなくて苦しんだ。仕事仲間たちが伝えたのは、彼が不注意な時に海に落ちた。彼を探したけど闇のため見つからなかった。朝、網を引くときに死体を見つかってしまいました。彼たちの財政状態がかなり悪くて葬式する為の棺おけを買えなかったから行列のときに仕事仲間たちの背中に運ばれた。
   歌が漁師達を助ける(手伝う)喜びの歌、バイアの黒人お歌。音楽と歌は黒人お仕事、まつり、儀式に必ずあることです。プシャダ・ジ・へジが始まるとアタバキがたたく、全員の足がひとつのリズムになって、義務的な歌始めてから仕事が始まる。その歌は心から生まれるように歌う、自分の一番大事な力になるように歌う。アフリカ人を一人一人つなぐ物となり、きれいな動きをして、歌いながら彼らはひとつになります。仕事がきつくて気が晴れる、神の歌。過去の歌、奴隷時代の自由になりたかった気持ちとそのときの力と勇気。純粋な歌、力のある詩情の中に国民の生活や仕事を表している。アフリカの謎が明らかになっているかもしれない詩情です。 

Nenhum comentário:

Postar um comentário